Les Blogs-法の前の市民の平等

COVID-19:スイスでフランス語を話す女性医師がCOVID-19のワクチン接種に同意する前に患者に警告するために作成したテキストです。
ワクチンを受ける前に受け入れるべきいくつかの真実をテキスト化したものです。
このテキスト見た時に、ここまで説明されたら、自ら受ける人は激減するのではないかと感じました
接種前に日本はもちろん、世界中で一人一人の患者に説明した上で、同意するか否かを決めて欲しい
ダウンロード (3)

Les Blogs-法の前の市民の平等
COVID-19:スイスでフランス語を話す女性医師が作成したインフォームドコンセントより引用

こんにちは、

これが今朝、私が心から感謝しているインターネットユーザーから受け取ったテキストです。これは、スイスでフランス語を話す女性医師が、Covid-19のワクチン接種に同意する前に患者に警告するために作成したテキストです。

COVID-19RNAワクチンを受ける前のインフォームドコンセント

私があなたにワクチンを注射する前に受け入れるべきいくつかの真実:

1.は、2020年の夏まで大量投与されたことのない新しい成分を含むまったく新しい治験用ワクチンを受け取っていることを理解しています。

2. 損害賠償責任を負わない製薬会社や政治家による国際実験に参加することに同意します。

3.私は、このフェーズ3および4の承認後調査中に、2年間の個人医療データを提供することに同意します。

4. ワクチンはまだ実験段階にあり、フェーズ3の臨床試験が進行中であることを理解していますその完了は、Modernaでは2022年10月、Pfizer-BioNTechComirnatyでは2023年1月に予定されています。

5. 現時点では、これらの治験用ワクチンの安全性と有効性の最終結果は不明であると認識しています。

6. この実験用ワクチンは、100%合成の遺伝子工学製品であることに気づきました。これは、遺伝子組み換え生物であるGMOであり、私の体に注入されます。

7. この治験ワクチンが以下の可能性があることを理解しています。

  • Covid-19病から身を守っていない(重症型のみを予防する可能性がある)
  • また、SARS-CoV-2ウイルスの感染を防ぐこともできません

8.この治験ワクチンのベネフィット-リスク比分析は、未知の最小化されたリスク、および過大評価および推定されたベネフィットに基づいていることを認めます。潜在的なリスクには、出産障害、出血性疾患、神経障害などがあります。

9.私は、人間であるということは、常に潜在的な汚染物質であり、病気の媒介者であるという誤解を受け入れますこれは、恐怖を引き起こすように設計されたアイデアです。

10.ワクチンを使用する場合は、社会的距離のルール、マスクの着用、PCR、および将来の検査で陽性になった場合の検疫などのバリア対策を維持する必要があることを理解しています。

11. これまでに、この実験的ワクチン接種キャンペーンの結果として数千人の死亡が報告され、神経障害、重度の炎症、心血管系の副作用(血栓症、脳卒中、梗塞)で数十万人が負傷したことを認めます。

12. Covid病は高齢者と免疫不全のリスクが高いだけであり、人口の99.7%以上が死亡するリスクはないことを理解しています:99.7%の生存! 

13.補償と補償に関するスイスの方針と合意を読みました(最大支払額= 70,000スイスフラン)。 

私の健康への損害または死亡の原因となった場合、Covid-19に対してこの注射の製造業者を訴えることが不可能であることが判明する可能性があることを理解しています。

14. Covid-19に対する注射に関連して報告された重大な副作用のリストを理解し、読みました。 

既知の副作用には、Covid-19感染、アナフィラキシー、神経学的問題、重篤な心血管障害、自己免疫疾患、慢性疾患、失明と難聴、生殖能力の問題、胎児の損傷、流産、死産、死亡などがあります。

15.は、 私は知らされていCovid-19からの死の統計的確率は、69年時点で(0〜19歳)の若い人々のための0.003%、20〜49歳で0.02%、50歳の人のための0.5%、5.4であること未治療の70歳以上の高齢者の割合(「家にいる!」を行うことが強く推奨されているため)

16. 「ワクチン」という名前で販売されていますが、これらのCovid-19mRNA注射は実験的な遺伝子治療であることを学びました。 

ワクチンメーカーは、許可されていないmRNAアプローチを「個人の細胞をプログラムする」方法として、またはModerna社の用語を使用して、新しい「ソフトウェア」の展開として公式に説明しています。 

過去の研究では、mRNA注射は固有の炎症要素を持っていることが示されているため、「許容できる」利益/リスクバランスを決定することは困難です。

17. モルモットとして私は他の治療薬試験とは異なり、一般集団でのこの第3相試験の検査室からの支払い/支払いがないことをよく知っています。

私は正しく読み、理解し、インフォームドコンセントを行い、実験用ワクチンMoerna / Pfizerを自由に接種することに同意し、この注射とその起こり得る結果に関するすべての民事および刑事責任から医師を完全に免除します。

メイドイン 

患者の署名

この記事をお友達と共有してください。

簡潔なコメント(あなたの名前で送信)を事前に感謝します。宜しくお願いします。

以上、
Les Blogs-法の前の市民の平等、COVID-19:スイスでフランス語を話す女性医師が作成したインフォームドコンセントより引用しました。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*

この説明を受けて、気持ちよく受けたいと思う人はいないのではないかと言うぐらいの内容です

接種を実行する日本中の医師も、このインフォームドコンセントをする勇気と責任を持って頂きたいし、ワクチンを受ける患者も知るべき内容です
リンク元では印刷マークもあるので印刷してばら撒きたい気分です

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました